ABOUT US (JTIA)

事業内容

本組合は、組合員共通の利益を増進するために様々な事業活動の実施を通じて、諸外国との調和のとれた円滑な貿易の発展に貢献していますが、主な事業は次のとおりです。

Ⅰ 関係諸官庁への主な活動  

  • 絶滅の恐れのある野生動物の種の国際取引に関する条約(ワシントン条約)に係る輸入割当申請書、輸入確認申請書、輸入状況報告書の経済産業省への提出代行を行う。
  • 経済産業省より繊維品類輸入構造改善統計の作成受託。
  • 関係官庁の諮問に対する答申や政府に対する要望事項の具申等を行う。

Ⅱ 組合員や関係官庁・団体への情報の提供やコンサルティング  

  • 繊維品輸入に関する調査や情報の収集活動、それらに基き資料の作成を行う。
  • 各種統計表の作成。「繊維輸入統計月表」、「図表で見る繊維製品輸入の推移」の刊行や提供。繊維品貿易統計、繊維品類輸入構造改善統計等の作成。また、要望に応じた統計表の作成と提供。
  • 月刊誌(TEXTILE TRADE)の刊行、各種統計表の作成、こららを組合員及び関係諸官庁、内外の関係団体に送付、提供する。
  • 国内や海外に於いて開催される展示会や商談会を組合員に紹介する。また、それらに対し積極的に後援、協賛、協力、参加をする。
  • 海外繊維製品輸出業者を国内の輸入業者に紹介する。海外からの取引照会を組合員に案内する。また、諸外国のマーケット情報等を提供する。
  • 研修会、輸入促進セミナー、ビデオ・セミナーや講演会を開催する。
  • 繊維に係る図書の利用。

Ⅲ 輸入協調態勢の推進活動   

本組合は、繊維品輸入貿易の健全なる発展を目的とし、諸外国と協調ある貿易を願っています。この為には国際交流を促進し、各国との相互理解を深めることが必要です。また、国内関係業界と調和も大切です。このような見地から不均衡貿易を回避し秩序ある輸入が維持できるように主に次のような事業を実施しております。

Ⅳ 内外協調態勢の推進活動  

国内関係業界と情報・意見交換を行い業界における諸問題を認識し、改善・対応努力する。

  • 貿易・経済・流通・消費者団体との協力事業。
  • 諸外国からの各種ミッションを受入れ、市場調査、適品の輸出及び輸入拡大方策等、目的の適合した協力を行う。
  • 繊維製品の輸入を促進させるために海外繊維団体との共同プロモーションを展開する。
  • 繊維品輸入貿易の健全な発展を図るため、海外繊維・貿易団体と情報・意見交換、協力を行い双方における問題点を認識し、改善・対応の努力をする。
  • 各種ミッションを海外に派遣する。
  • 海外研修生の受入れ。

Ⅴ 繊維貿易業界の当面する諸問題対策   

  • 取扱品目の品質、検査基準、その他の事項の改善及び指導を行う。
  • 不正商品対策や並行輸入による内外価格差問題等の対策。
  • 輸入に係る特許権や商標権問題の対処。
  • 輸入品に関するクレーム処理や粗悪な品質問題、延滞する船積問題等の改善を図る。
  • 輸入手続簡素化の推進。
  • 海外の貿易制度等の調査・研究及び対策。
  • 税制・金融対策の推進。